大阪狭山市にあった肉屋のコロッケの美味しさ。重要な人、30歳くらいのチンピラ風。待たれへんやつは帰ったらいいんや。

大将に会いたい。依頼者はプロのカメラマン。田井基文。普段は動物がメイン。探偵を撮影。いい感じ。

シンプルなコロッケで美味しい。甘みが特徴。チンピラ風コロッケ。ボサボサで無精ヒゲ。

店の名前を覚えてない。実家に。母が登場。チンピラ兄ちゃんどうしてる?一家離散してる?

一家離散の確率は低い。店があった場所へ。八千代寿司に聞いてみる。肉屋で3人変わってる。

たつみやさん。クリーニング店は家主。今も、たつみやさんはやってる。堺市に本店がある。

すぐに見つかった。世間話の延長だった。たつみや食品。絶対にあっている大将。チンピラに磨きがかかってる。スキンヘッド。間違いない。

20年前は気性が荒い。一家離散してなかった。コロッケの作り方は変えてない。黒毛和牛の背脂を使っている。

内緒のモノが入ってる。容姿が乱れていた。「これこれ」。変わってない味。母親も、美味しい。探偵も、美味しい。

作業風景を写真撮影。かっこいい。太い子供。世界一のコロッケ。